製造業(機械・工場系)の仕事内容はこんな感じ!【2021年版】

機械製造業の仕事について解説

家電製品やスマートフォン、車や飛行機に至るまで、世の中には機械があふれています。

その機械を作っているのが機械製造業です。

今回は、機械製造業の仕事について解説していきます。

機械製造業の仕事内容

ものを作る製造業の仕事内容は以下の5つに分けられます。

  1. 要件定義
  2. 設計
  3. 開発
  4. テスト
  5. 生産

一つずつ説明していきましょう。

要件定義

まず、どんなものを作るのかを明確にする必要があります。

それを文章に起こして、みんなの中で共有する手順です。

お客様と話しながら、決めていくこともあります。

お客様の要望を具体的にどのように実現するのかを文章にまとめるのが要件定義です。

設計

要件定義を基に、どんな形にするのか、どんな機能を持たせるのかを決めるフェーズが設計です。

詳細が決まったら、CADというソフトを使用して設計、製図を行います。

開発

図面があれば物ができるかというと、そうではありません。

実際に作ってみると、図面通りにうまくいかないこともあります。

作ってみないとわからない部分を、設計段階から見直すのか、作り方で解決できるのか、と検討しながら、設計者が作成した設計図をもとに、実際に商品を開発していきます。

テスト

開発が完了して試作品が完成したら、耐久性や機能性が要件定義通りに製造されているかをチェックしていきます。
例えば、ドアを何回も開けたり閉めたりして耐久性をテストしたり、部品の耐久性が規定を満たしているかを機械でテストしたりといった、様々な方法でテストが行われます。

生産

テストが終わると、生産に入ります。
こうして、作り上げた物が世に出ていくわけですね。

キャリアアップ

製造業では以下のようなキャリアアップが可能です。

  1. 班長
  2. 主任
  3. 係長
  4. 課長
  5. 部長
  6. 工場長

高卒のキャリアアップって何?

ここで、「キャリアアップ」、あるいは「キャリアプラン」というものについて、その本質をキャリアコーディネーター藤井佐和子さんの著書を引用し、検討してみましょう。

実は、「キャリア」という言葉が氾濫してきたのは、ここ10年くらいのこと。日本が豊かになり、仕事を贅沢に選べるようになったからこそ、意識されはじめた言葉。今の世の中はキャリアプランについての情報が山のように溢れ、何が正しいのか、わからなくなってきているのかもしれません。(中略)まずは漠然とでも良い、ライフプランをどうしたいのか、どういう人間になりたいのか、そこから考えていかないといわゆる無駄なキャリアを積むことになります。(中略)今は不景気とはいえ、親の時代に比べると実はますます職種が選べる時代。そして、不景気だからこそ、レールにしがみつかず、自分にふさわしい方法でキャリアを積んでいかないと、たまたま自分に合ったレールを見つけてうまく進んでいる人に負けてしまうことになります。
引用元:藤井 佐和子「転職-思ったときに読む本」

また、この業界は近年のAI化、クラウド化などによる業務効率化がどんどん推し進められています。

1年前まで人間がしていた仕事が機械に置き換えられた、という事もよくある話。

人間にしかできないリーダー系の仕事や感性を求められる業務などを早い段階から意識しておいた方がよいでしょうね。

AI時代、どのような働き方が求められるのか?

現在はAIやロボットの導入に伴い、人々の職が奪われつつある時代です。

これは特定の業種特化(高卒の転職)に限らず、すべての業界に関係のあるトピックスでしょう。

「自分の職も近い将来、AIやロボットにとって変わられるのではないか?」という不安を抱いている方も多数いると思います。

ここで少しだけ、最新の科学技術の説明と「人間にしかできない仕事」について補足します。

R P Aシステム

R P A(ロボティック・プロセス・オートメーション)は一言で言うと、「ロボットが自動的に業務を行うシステム」のことです。

ちなみに、これはAIとは別物であるという点です。

R P Aでは、考える必要のない簡易的な業務をロボットに24時間365日行わせることで、事務の人がいなくても業務を可能にするのです。

人事や経理の業務の一部はすでにこれに仕事を奪われています。

第一に人的ミスや不正の防止できるし、業務効率化やコスト削減できるので、企業にとって多くのメリットがあるのです。

機械的な反復作業や簡単な事務作業はこの技術にどんどん奪われていくと思われます。

AI

単純作業を行うロボット(R P A)と違い、AIは「思考」ができます。

データの蓄積から最善の策を推測、処理し答えを導きます。

取り扱うデータが膨大となれば、人の経験則や知識はどれだけ優れていても敵いません。

AI時代に求められる働き方・仕事

人間に残されるのは、数値化・機械化できない温かみのある仕事でしょう。

人間には、相手の感情を想像し、汲み取る能力です。これを活かすことが出来る仕事は残ります。

例えば営業や接客などの仕事の多くは人対人のままであり、お客さんを第一に考える必要があります。

人と人を結ぶことをうまくコントロールする仕事とも言えます。

今現在「この仕事を一生続けられるのか」と悩んでいる方や、高卒の転職で悩んでいる方はこの点を意識して職場選びをしてみてはいかがでしょうか?

機械製造業の仕事内容まとめ

製造業の仕事はコツコツを物を作り上げる地味な仕事にも見えますが、専門的な知識や技術が身についたり、自分が作ったものを利用している人を見て、社会に役立つものづくりに関わっているという実感があったりと、やりがいの多い仕事です。

高卒のキャリアアップって何?

ここで、「キャリアアップ」、あるいは「キャリアプラン」というものについて、その本質をキャリアコーディネーター藤井佐和子さんの著書を引用し、検討してみましょう。

実は、「キャリア」という言葉が氾濫してきたのは、ここ10年くらいのこと。日本が豊かになり、仕事を贅沢に選べるようになったからこそ、意識されはじめた言葉。今の世の中はキャリアプランについての情報が山のように溢れ、何が正しいのか、わからなくなってきているのかもしれません。(中略)まずは漠然とでも良い、ライフプランをどうしたいのか、どういう人間になりたいのか、そこから考えていかないといわゆる無駄なキャリアを積むことになります。(中略)今は不景気とはいえ、親の時代に比べると実はますます職種が選べる時代。そして、不景気だからこそ、レールにしがみつかず、自分にふさわしい方法でキャリアを積んでいかないと、たまたま自分に合ったレールを見つけてうまく進んでいる人に負けてしまうことになります。
引用元:藤井 佐和子「転職-思ったときに読む本」